宅配で楽しむ水。ウォーターサーバーを家庭でレンタルするなら、特色あるこの4社で。

宅配のレンタルウォーターサーバーで、おいしい水を毎日楽しむ


「水のおいしさ・水の安全性」にこだわる家庭が、この日本で急速に増えてきています。

日本の水道水は世界一安全でおいしい」という評価が定着し、地元の水道水をそのままボトル詰めして販売する自治体も増えてきていますね。

それにもかかわらず、ウオーターサーバー宅配を利用して、浄水装置を自宅に備える家庭が増えているのは、いったいナゼなのでしょう?


日本の水道水は、「水道法」という法律で規定されています。

水道法では、ウィルスや有害な菌を殺菌するため、家庭の水道の蛇口から水が流れる時点で塩素(次亜塩素酸)が残るように規定されています。


もちろん国がきわめて厳しい水質基準を敷いていることもあり、この塩素が人体に影響を及ぼすことはありませんし、今日まで水道水の塩素によってなんらかの問題が生じたという報告もありません。

塩素が不純物と反応すると「トリハロメタン」という化合物を生成しますが、実はこの「トリハロメタン」は、発ガン性が指摘されています。

ただしこれについても、WHO基準よりさらに厳しく基準が定められていることもあり、心配の必要はないとされています。


しかし水道水そのものに問題は無くても、私たちが蛇口をひねって水を飲む時に生じるかもしれない派生的な問題が、いくつか指摘されています。


まず、水道水が家庭の蛇口に流れてくるまでの「配管」の内部が、一体どうなっているのかという点です。

たとえば、給水タンクにいったん水を貯めてから各戸に供給する方式のマンションの場合、タンクの清掃が十分でなかったり配管の経年劣化が進んでいる場合、不純物が水道水に混入する可能性が高くなります。


家庭の水道管においても朝一番に水を使う場合、10秒ほど放水してから使ったほうが良いということはご存知ですか?

これは前日までの給水管に滞留する残水に含まれる雑菌を洗い流すためです。


さらに、水道水に含まれる「活性酸素」が、老化や動脈硬化を長期的に促すと指摘する声もあります。


2011年のいわゆる「311」ショック後、乳児への暫定基準値を超える、放射性ヨウ素が関東近県の水道水から検出されたこともあり、これまで考えもしなかった側面から水の安全性への関心が高まることにもなりました。

(ただし浄水器で放射性物質のろ過が可能だという確定的データは、今日まで確認されていないことには、注意が必要です。あくまで可能性の問題としてとらえるべきでしょう。)


あとは、毎日の生活で口にするものとして大切なことですが、水道水に含まれる塩素からカルキ臭が生じることなど、「水のおいしさ」にかかわる影響が存在します。


これらを背景として、水質の安全性・長期的なコストパフォーマンスの良さが評価され、宅配ウオーターサーバーの市場が年々拡大しているのです。

現在では、ウォーターサーバー市場は1,000億円を超える規模に成長しています。



家庭用の浄水器も売上を伸ばしていますが、カートリッジの交換時期に注意しながら自分たちで定期的にメンテナンスをしなくてはならないのは、やはり面倒です。


水専用のサーバーをレンタルして、必要に応じて水を宅配してもらいながら、つねに安心で清潔で、しかも味のおいしい水が飲める生活を手に入れる・・・。


家族の健康を考えればそのための金銭コストの負担は惜しくないと考える家庭が、この日本に増えてきているということですね。


● ウォーターサーバーのレンタル宅配 比較のポイント


ウオーターサーバーの宅配業者数は、最近さらに増えてきています。

選択の余地が増えるのはいいことですが、注意深く比較しないと、思わぬソンをする可能性も高まっています。

ウオーターサーバーの選び方・比較のポイントを、以下にいくつかあげてみましょう。


商品が「水」である以上、水の品質はもちろん「供給装置(サーバー)」の取り扱いに注意が必要です。


長期間使う以上、装置の故障なども想定しておかなくてはなりませんが、修理の手間を考えるとやはりサーバーは「購入(買取)」せず、「レンタル」するのが現実的です。

したがってレンタルの手続のスムーズさと、レンタル料金の負担額が、注意すべきチェックポイントになります。


もっとも最近は、サーバーのレンタル料金・メンテナンス料金が無料のところも多くなってきていて、嬉しいですね。

ただし解約時に「解約手数料」がかかる場合がありますので、その点は注意しましょう。


ウォーターサーバーについては、ご家庭に設置するときのサイズや設置場所・モーター音や放熱ファンの大きさ(静音性)・月々の利用電気代の見込額なども、事前に確認しておきたいところです。


宅配される水については、いくつかの種類から選べる場合もあります。

また配送の間隔日数と、空ボトルの処理方法についても確認しておきましょう。


ところで年中、冷たい水ばかりを飲みたいわけでもありませんよね。

サーバーの種類によってはスイッチを切り替えることで、常温やお湯をサーブしてくれるものもあります。


タンクの交換がしやすいかなども含め、レンタルするウォーターサーバーの性能も、あらかじめ仕様をチェックしておきたいですね。


さらには、万一の故障時における引き取りや取替の対応も、送料や交換日数の問題も含めて確認しておきたいところです。

「長期的なレンタルコスト」が総額(月額/年額)でいくらになるかを試算しておくのは、言うまでもありませんね。

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0
Copyright© ウォーターサーバー宅配 家庭用レンタルならこの4社 All rights reserved.
Powered by MTOS